〜地球にやさしい環境づくり、技術をもってお手伝い〜

相双地区電気工事協同組合

 

◎組合員の皆様へ

東日本大震災及び東京電力兜沒第一原発事故から一年が経過しましたが、相双地区においては一部地域でインフラの復旧と瓦礫の撤去がなされたことや被災者に対する仮設住宅の建設が行われたのみで、原発の警戒区域の中は帰ることすらできず全く手つかずの状況であり、復旧復興からは程遠いのが現状であります。

当組合では、今もなお多くの組合員が避難生活を余儀なくされており、事業再開の目途も立てられずにいる状況にあります。組合管内の50パーセントが原発事故の警戒区域に指定されており、今後区域の見直しがされるとはいえ、長期にわたり人の立ち入りができず、組合員の事業活動エリアとしての地域の喪失が想定される。このことは取りも直さず、組合の大幅な減収を意味し、今年度も非常に厳しい組合運営を余儀なくされることが予測されます。

しかし、一方で今年度は復興元年と位置づけ、復興に向けた官民一体の取り組みが本格的に始動し、組合員の事業環境が改善することも想定され、明るい兆しもない訳ではありません。

 このような状況の中で、今年度の組合事業については、前年同様最小の経費による最大の効果を目指し、組合員の将来にわたる事業展開に資する事業に集約して実施することといたします。

 特に今年度は、事業再開に向けた組合員の支援をはじめ、組合員が地域の復旧復興に積極的に関われるようその環境を整えるとともに、電気工事業を通してふるさとの再生復興に少しでも貢献できるよう組合員一同連携を密にし取り組んでまいりたいと考えております。皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

平成245

相双地区電気工事協同組合

理事長  青 田  純

 

 

 

トピックス

◎組合員の避難状況についてご連絡ください。

 現在、避難している組合員の方で、避難先の移転、連絡先の変更がありましたら組合事務局までご報告願います。

 電話0244−22−1951 FAX0244−22−1952

 

電話がつながらない場合は、下記に連絡お願いします。

  専務理事  多田穣治 090-7326-4398

 

 

 

東北地方太平洋沖地震の発生に伴う対応についての情報

 

     福島労働局 http://www.fukushimaroudoukyoku.go.jp/top/h2303jisin.html

 

     地震災害情報・原子力災害情報・避難情報等に関する福島県のホームページ http://www.pref.fukushima.jp/j/

 

     福島県中小企業団体中央会 http://www.chuokai-fukushima.or.jp/index.html

 

     中小企業者向け震災対策特別資金について http://www.pref.fukushima.jp/j/shinsaitaisakutokubetsushikin.pdf

 

     被災世帯への一時的な生活費の貸し付け http://www.pref.fukushima.jp/j/seikatsuhukushishikin.pdf

 

 

 

相双地区電気工事協同組合

所在地:〒975-0033 福島県南相馬市原町区高見町2丁目7番地
TEL
(0244)22-1951
FAX
(0244)22-1952
お問合せ:tada@ssdenkyo.or.jp